読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3人子育て母ちゃんの備忘録

長男6歳 娘3歳 次男1歳 毎日バタバタ キーキー イライラ だけど 時々幸せ  そんな母ちゃんの3人子育て備忘録(時々産後ダイエットと美容と…)

専業主婦だって!確定拠出年金(iDeco/イデコ)をやるメリット3つ

こんにちは子育て母ちゃんです。

 

相変わらず日々の子育てに追われております。

先日こんな記事を書きました。

 

mayukonokosodate.hatenablog.com

 この時に、こんなコメントをいただきました。

 

「idecoの最大のメリットは所得控除なので、収入が高い(税率が高い)人ほどメリットがあると思います。投資信託型は元本割れの可能性があるので、リスクをとる余裕がある人だけがやるべきかな、と。」

 

私もそう思っていました。

でも今はちょっと考えが変わっています。

ということで、今回はそのあたりについて書いてみたいと思いますっ!

 

前半はidecoのメリットのおさらい、後半は専業主婦でもやったほうがいい理由についてまとめてみました。

前半飛ばしてもって方は、目次から、どうぞ!

 

   

まずはおさらい!iDecoのメリットって何?

 

拠出金が所得控除になるばかりじゃないよ!運用益だって非課税!

 

iDecoのメリットの一つは、コメントで頂いた通り、まずは拠出したお金がすべて所得控除になる、という点ですね。税率が高いほうがお得、もちろんその通りです。

 

割とその点ばかりがクローズアップされているのですが、運用期間のメリットもなかなか捨てがたいんですよ!

先日の記事にも書きましたが、通常、預金の利息や株式の売却、投資信託の分配金については利益の約20%が徴収されます。

 

さらっと書きましたが、20%ですよ!?

 

これが、運用期間中は全額非課税

これってやっぱりすごいです。だんだん積み立てて金額が大きくなってきた時に

かなりのパワーを発揮するのではないでしょうか。

 

そして、特にこのメリットが発揮されるのは、商品の買い替え時です。

確定拠出年金では、持っている金融商品を別の金融商品にいつでも買い替えることができます。

例えば、Aという投資信託を10年間買い続けて、合計で120万投資したとします。
(月に1万円)

その時点(60歳未満)で評価額が倍の240万になっていたとしましょう。

まだ60歳になっていないので引き出すことはできませんが、この240万を売却して

次にBという投資信託を買ったり、元本保証型の定期預金に移すことができます。

これをスイッチングと言います。

(増やしてから元本保証の定期預金に移すっていうのいいアイディアだなーと思います!)

 

さてさて…、考えてみましょう。

 

確定拠出年金をしていなかった場合の通常の投資信託の売買

 

10年後の評価額240万円…元金120万なので=120万円の運用益が出ている。

120万円×20%の課税 ⇨ 24万円が課税される

 

120万円(運用益)− 24万円(課税)= 96万円が課税後の運用益です。

 

元金 120万円+課税後の運用益 96万円=総額 216万円

 

この216万円が次のBという投資信託を買う元手になる、もしくは元本保証の貯金に入るということになります。

 

確定拠出年金をした場合の投資信託によるスイッチングの場合

 

10年後の評価額240万円…元金120万なので=120万円の運用益が出ている。

ここまでは同じですが、確定拠出年金の期間中は非課税なので、この運用益はそのまま

 

元金 120万円+運用益 120万円=総額 240万円

 

として、この240万円が次のBという投資信託を買う元手になる、もしくは元本保証の貯金に入るということになります

 

 

その差はなんと30万円!

次の投資信託の商品を買うときの元金としても、30万円は大きいのではないでしょうか。

 

そんなこと言われたって元本割れしたらどうするのよ!

…そこですよね。私も同じことをずっと思っていました。

投資からイメージされる言葉ってなんでしょうか。

大儲け、賭け、ギャンブル?という感じでしょうか。

 

リーマンショック、中国バブル崩壊、

ユーロ危機、石油価格の暴落、日々様々なニュースが私たちを

脅かしていますよね。

ではこのニュースの後、いつまでも世界が落ち込んでいるでしょうか。

落ち込んでいないですよね。いつも回復してるんです。

 

この日本という国の成長は今や残念ながらちょっと足踏み状態ではあるのですが、世界というのは確実に成長していってるんですよね。

世界の株価というのはじわりじわりと上がっているんです。

 

f:id:mayukonokosodate:20170120063928p:plain

(出典 : 世界経済のネタ帳 上海総合指数の推移 : http://ecodb.net/stock/ssec.html

 

ダウ平均株価とは、簡単に言うと世界経済を反映した数値と言えばいいでしょうか。

日本にいると見えないけれど、世界では今も爆発的に人口が増え、経済は成長しています。短期では上に書いたような株価の暴落が起きているのですが、それは必ず回復するとされているのです。

 

つまり、日本のみならず世界の株式に目を向けること、そして時間をかけてゆっくりと

買っていく(積み立て投資していく)ことで元本割れの可能性はかなり低くなる!のです!(この辺かなりざっくり説明ですが…)

 

あの投資家のウォーレンバフェット!も長期投資を勧めているのです。

 

10年間株を持ち続ける気持ちがないなら、10分でも株を持とうなどと考えるべきではない。何年も業績を伸ばし続けそうな企業を集めて、ポートフォリオを作ること。そうすれば、ポートフォリオ全体の価値も高まっていく。

 

まあ、ウォーレンバフェットの言葉については、ちょっと置いておいて…。

 

まとめると、確定拠出年金でできる積み立て投資

今すぐ始めよう!時間を味方につけよう!

ということですね。 

 

でもでもやっぱり元本割れなんて困っちゃう!!

もちろん、元本割れがどうしても気になって心配でもう無理!!という人にはおすすめはできません…。

ですが、ちょっと考えてみて!

物価がこのままアベノミクスの理想通りに2%の上昇率になったとして。

自分の資産も2%の上昇でキープしていかないと同じ価値にはならないんです。

以前の記事でも書きましたが、今持ってる100万円は、年金受け取り時には今の100万円と同じ価値にはならない可能性が大なのです。

 

無理はしないで、かつ喰わず嫌いはせず、まずは知ってみませんか?

 

確定拠出年金で積み立て投資をする前に…積み立て投資の基本を知るならこの本!

 


最短で老後資金をつくる 確定拠出年金こうすればいい (青春新書インテリジェンス)
 

 

この本、とってもわかりやすいです!超おすすめ!

   

専業主婦もiDecoをやるメリット①自分の年金を作れる!

f:id:mayukonokosodate:20170120091603j:plain

 

ああ、前置きが長くなったので本題です。

主婦がイデコをやるメリット、私が思うその①は、自分の年金が作れる!というところですね。

 

専業主婦、今扶養に入っている方たちが将来もらえる年金は基礎年金部分のみです。

でももうちょっと今のうちに、自分の分の年金も上乗せしておきたいですよね。

だって、専業主婦は家族のために働いてるんだもん!!

 

厚生年金の上乗せがなくたって、

夫から年金上乗せ分を支給されるくらいの気持ち

自分のための年金を積み立ててもいいんじゃない?

と私は思います。

 

そして、今は夫が入ってるからいいやって思ってる方も、10年、20年後となると

予測はできないと私は思います。

 

だいたい専業主婦(私含め)は夫が浮気しない、潰れない会社に勤めてる、ずっと健康でいてくれる、なんて結構不確定要素の高い会社(夫)に勤めてるようなもんだなといつも思います。

昨今、3人に一人は離婚しているとも言われています。

 

将来的に離婚しないとも限らないし、夫がいなくならないとも限らない。

そう思うと、今のうちに少しずつでも始めておいても損はないと思います。

   

専業主婦もiDecoをやるメリット②途中で解約できない!

 

よく言われている、iDecoのデメリット部分ですね。

原則的には60歳までは解約できません。

でも、これは私は逆にメリットだと思っています。

 

先に書いたように、確定拠出年金は運用期間を長くとって、時間を味方につけて資産を増やしていく方法なので、途中で解約せずに我慢して持ち続けていたほうが

最終的にはお得なんです。

 

一般的な積み立て投資も、長くやりましょうね、と言われても途中で解約する人が

あとをたたないのが現状だそうです。

どうしても一時的に下がったりすると不安で解約してしまう人が多いということですね。

 

定期預金なんかでも、何かイベントがあると解約してもいいか?自分のお金だし!

とかなんとか言い訳して使ってしまいがち。

 

でも確定拠出年金だとどう頑張っても「60歳までは使えない資金」になります。

これって、メリットだと言えるのではないでしょうか。

 

ちなみに、掛け金の変更も可能ですし、5000円も厳しい!という状況には

一旦停止もできます。

 

 2018年からは毎月ではなく、年のどのタイミングでもまとめて払うこともできるようになるそうで(もちろん限度額まで)、ボーナスのタイミングに払うようにしたりもできますね。こうなってくると俄然払いやすくなるのではないでしょうか?

   

専業主婦もiDecoをやるメリット③お金に興味が出る!世界に興味が出る!

私は結婚するまでは貯蓄が第一の人間でした。

父は公務員、母は医療職。

堅実一直線。

 

父は多分バブル後の一番いい時に公務員になり、かなりの高値で

退職金ももらえているだろう世代です。

母も手に職があるために特にお金に不安を持っていたことはないようです。

我が家は特に金持ちではなかったですが、ごくごく普通の生活で、

きちんと毎日働いて、お給料は貯金して、残りで生活して…という暮らしでした。

世界は私たちの周りのことと、日本のことがほぼ全てでした。

海外のニュースはさらっと流れる程度。

 

でも夫の家は自営業。

義父も義母もバリバリの商人。その商人に育てられた夫も商人気質。

とにかくお金の流れに厳しい!!

そして、無駄なところにかけない。無駄に税金取られない。

(もちろん払うべきは払います)

 

そんなところにお嫁に行って、生命保険だの不動産だの、ビッシバッシと

夫に本を読ませられたわけです。

そうなると、世界って面白い!お金の流れってこうなのか!

ということがいろいろと思うようになってきたわけです。

 

投資を始めると、ほんの少し世界とつながっているような気持ちになれます。

ほんの少し、世界に興味が湧きます。

トランプ政権になってどうして株価がこう動くんだろう。

トランプさんとロシアの関係って?

 

今までそんなに興味のなかったことも、ちょっぴり知りたくなります。

これってちょっと素敵じゃないですか?

 

専業主婦だって!iDeco!まずは知ってみようよ!

 

以前の記事にも書きましたが、このIdecoという制度ができた背景

(対象者が拡大した)には、

政府が

「貯蓄から資産形成へ」 

と国民を後押ししていることがあります。

 

どうしてこんな制度を?と考えてみたら、やっぱりこの国が

老人大国になりつつあることが原因なのです。

 

今まで私たちが頼ってきた公金年金制度はもうおそらくは

間に合わない。

国に頼らずに自分の力で資産を形成してほしいという国の静かなメッセージなのだと思います。

このメッセージを今、真面目に考えてみませんか。

 

もちろん今でも貯蓄も大切だと思っています。

我が家にも、大事の時(急な病気の時や急な支出の時)用の貯金は別にあります。

でもこれはこれ。いつまでも使わない塩漬けのような貯金はだんだんと価値を無くしていくような気がします。

 

コメントで頂いたような「元本割れ」のリスク、という意見。

本当のリスクって、なんでしょうか。

 

確定拠出年金は5000円から可能!

多分5000円くらい、結構落としちゃってますよね。

いや、物理的にではなく、感覚的に、無駄遣いとかっていう意味で。

そのランチ、その100円ショップ、そのお菓子。

 

じゃあその5000円、ちょっとやってみませんか。

無駄遣いかどうかはわからないけど、元本割れするかもしれないけど、

世界を知る扉を開ける5000円になるかもしれないですよ。

 

※ちなみに、実際にやるにはこれ!iDecoおすすめ本!

 
「iDeCo(イデコ)」で自分年金をつくる 個人型確定拠出年金の超・実践的活用術(祥伝社新書)

 

それではまた、シーユー!!!