3人子育て母ちゃんの備忘録

長男6歳 娘3歳 次男1歳 毎日バタバタ キーキー イライラ だけど 時々幸せ  そんな母ちゃんの3人子育て備忘録(時々産後ダイエットと美容と…)

帝王切開の備忘録〜まさかの3回ハラキリ!1回目は?緊急帝王切開!③退院まで〜母乳地獄!

こんにちは子育て母ちゃんです

帝王切開シリーズです。勝手にシリーズ化。

 

 

mayukonokosodate.hatenablog.com

 

 

 

   

帝王切開術後1日め

生まれたのは昼の13時ごろ。

そこからしばらくウトウトと寝てばかりいました。

疲れてたんですね。前の日もほとんど寝ていないし。

 

翌朝、入院する部屋へ車椅子で移動。

点滴をぶら下げて、部屋まで移動します。

車椅子に移動するのもお腹が痛くて力が入らない。

情けなさが募ります。

 

ボロボロの姿で車椅子に乗って、産院の中を動くのですが、

途中で通る大広間のようなところで、経産婦さんたちの集まりがありました。

みんながこちらを見ているような気がします。

みんな経腟分娩だったんだろうな…そう思うとまた惨めな気持ちになりました。

 

翌日の朝はまだご飯が出なくて、ウィダーインゼリーを流し込んでご飯にしました。

一応点滴はしてたけど、お腹が空いて!

 

夫が付き添ってくれて、おむつ換えをやってくれました。

「すごいよ〜海苔みたいなウンチが出てる。」

「見る?」

と言ってくれるも、痛くて動きにくい。

 

ああそれ、胎便てやつだね…みたいけど見れないや。

そんなことを話した気がします。

 

それでまた、そうだった、そういう生まれてからの全部、ちゃんと見ておきたかったと思って涙がボロボロ。

 

もう今思うと本当病んでますね。笑

 

   

帝王切開術後2日目〜 母乳地獄!

二日目になると、もう夫も泊まることが許されない産院だったので

夜は私と赤ちゃんの2人きり。

 

ここの産院はスパルタで、帝王切開だろうがなんだろうが

とにかく母乳を出させることに集中する!というところでした。

いや、もちろん私は母乳育児がしたかったし、それで良かったのですが。

 

帝王切開、筋肉を切っているのでお腹に上手く力が入らないんですね。

(ちなみに縦切り)

そんな中、

「はい、もう二日目だからちゃっちゃと動いてね!!」

という鬼看護師さんたち。

 

泣けばおっぱいをくわえさせる、1日に何回だろうがかまわない、

ひたすらおっぱいをあげる、オムツ替える、のエンドレス。

 

しかも長男、全く寝ない子で…。

 

f:id:mayukonokosodate:20161207112154j:plain

 

当時の記録がまだ残っています。これ、生後5日目くらい。

実に、約20回!!24時間に20回ですよ。死ぬ。

 

もう乳首も擦り切れてヒリヒリ。頭朦朧。

ミルクを足すなんてとんでもない!という産院の方針により全くミルクは足さず。

ろくろくでないおっぱいに長男は満足するわけもなく泣きわめき、

帝王切開で惨めだったとかそんな気持ちになる暇もありませんでした。

 

   

 帝王切開術後 退院直前〜退院後

帝王切開の場合は、10日間の入院ということになっていました。

術後2〜3日はもう体を起こすのも必死で、しかもリクライニングとかない

普通のベッドだったので、手すりを掴んで、よっこらしょ…いでででで。

という感じで痛みに耐えながらの日々。

 

トイレも怖かったです。

カテーテルは翌日には抜いてしまって、そのあとは部屋の外にある

共有のトイレに行くのですが、もう痛いわ、トイレが狭いので

悪露で汚れたナプキンを変えるのがえらい大変だわでこれまた必死。

 

小の方でも、キューっと引っ張られる感じがあるし、大の方なんて

出るのかもわかんないけど出さないと余計に大変。でもお腹に力がうまく入らなくて。

力を入れたら傷が裂けるような気すらして、今までどうやっていたのかしらと

悩む日々。

 

でもまあ、人間の体っていうのは本当によくできてるもので、

ちゃんと治っていくんですね。

そして少しずつコツもつかんでいく。

 

退院時には赤ちゃんが泣いてもすっと立ち上がれるようになって、

人間ってすごいなあ、体ってすごいなあと感動したものです。

 

   

帝王切開でも母乳育児は大丈夫!おっぱいは出るよ!

帝王切開でおっぱいあげるのって、大丈夫かな?と思っていましたが、

結論から言うと大丈夫でした。

っていうか、多分、普通分娩でも帝王切開でも、母乳は初動次第な感じがします。

 

方法は、ひたすら飲ませる、飲ませる、飲ませる。

もちろん体質にもよるとは思いますが、最初の産院の経産婦さんで

ミルク育児の人はゼロ!だったので、

私の経験・知識上はおっぱいの出ない人はいない、です。

 

ちなみに、このおっぱい地獄を救ってくれたもの…それは、ランシノー!!

これ、母乳育児をしたい人には必須です!!

おっぱいをあげる都度、このランシノーを塗って、ラップで覆っておくと

ヒリヒリがすごくましになりますよ〜。

 

     

 

ラノリンいろいろ ピュアレーンもそうですね。

要は羊の脂です。人の皮脂に似ているのだとか!

馬油でもいいそうですよ♡ 

 

   

 

帝王切開なのになんで術中も痛かったの?

これ、不思議ですよね。

答えは、傷の大きさにありました。

 

抜糸時に先生が、「小さく切っておいたからね〜。ビキニが着れるように。」

って言ったんですね。

確かに傷が、赤ちゃんの頭がギリギリ通るくらいしか開いてなかったんです。

小さく切って、周りからぎゅうっと押し付けながら取り出すので

痛いんだそうです。

 

でも、でもさー!!

横切りでもっと大きく切っても良かったのでは?

と他の帝王切開で産んだ友達の話を聞くと思います。

(今は横切りが主流らしい。筋肉に沿って切るので)

術後のケロイドもすごくて、もーうっ、って感じです。。。

 

1人目の帝王切開で学んだこと

いろんな理想を持って臨んだ最初の出産でしたが、全く自分の思い描いていた

出産とは違うものになってしまいました。

 

でも結局のところ、無事に生まれてきた。

それだけで良かったのだと今は本当に思います。

 

ただ、実は最初の出産は私に精神的なトラウマを残したのでした。

そしてそのことは2人目以降の出産に生かされたのです!

 

その辺りの話はまたこんど!

 

それではまた!シーユー!!