3人子育て母ちゃんの備忘録

長男6歳 娘3歳 次男1歳 毎日バタバタ キーキー イライラ だけど 時々幸せ  そんな母ちゃんの3人子育て備忘録(時々産後ダイエットと美容と…)

帝王切開の備忘録〜まさかの3回ハラキリ!1回目は?緊急帝王切開!②術前〜術後

こんにちは

子育て母ちゃんです

 

前回は、こちらっ

 

 

   

一応、緊急帝王切開。。。。ってことらしい。

陣痛のうまくつかなかった私は、分娩停止という扱いで帝王切開になりました。

と言っても、もう事前に帝王切開かもしれないからね〜ということで

ある程度の準備はしてあったんですね。

ダブルセットアップというらしいです。

とはいえ、まあ、緊急帝王切開術っていうことになっていました。

 

手術が決まって、バタバタバタと周りが動き出しました。

手術の同意書にサインをして、血栓予防の弾性ストッキングを履いて。

この辺り、前日からのラミナリアとの戦いで寝不足だったりしたのと

帝王切開になったショックとで、なんとなくしか覚えていないです。

 

   

帝王切開でもちゃんと痛い?麻酔医による術前の衝撃発言!

f:id:mayukonokosodate:20161206150412j:plain

 

真っ裸にガウンを着てストレッチャーに乗って手術室へガラガラ・・・。

手術室っても、個人の小さなクリニックの手術室です。

なんというか、本当に簡素な手術室でした。

 

え ここで やるの

 

と思ったのを覚えています。

 

手術室って、テレビとかで見るとすごく立派な感じですよね。

そういうのではなくて、すごくなんていうか・・・。普通の部屋みたいな。笑

もちろん清潔分野はちゃんとしてるんでしょうけど。

 

で、麻酔医の先生が現れます。

「頑張りましたね〜。下から産めなくて残念だったね。

 でも大丈夫。ちゃんとここの帝王切開は痛いからね〜。」

 

え ちゃんと痛いってなんだ

 

いや 望んでない

痛みなんて望んでないです先生

 

だって想像するだけで、お腹切るんだし、後から痛いよね。

なんで帝王切開の時に痛いんだ。

 

そんなことを思いながら、背中を丸めて腰椎麻酔をします。

(注:帝王切開は全身麻酔では赤ちゃんも麻酔がかかってしまうので、

 基本腰椎麻酔です。超緊急の場合は全身麻酔もあり)

 

腰椎麻酔・・・それは、背骨のあたりにする麻酔。

背骨の数を数えて何個め・・みたいな決まりがあるようで、

背骨をぐっと突き出して骨のありかをわかるようにします。

 

でも、お腹が大きくて難しい。

背骨を確かめるために麻酔の先生が骨を撫でるたびに

反射で背中が反ってしまいます。

 

「背中ちゃんと丸めなさいっ!!」

・・・怒らないでください。もう泣きそう。

 

針が刺さると、また反射で背中が反ってしまい。

「動かないでっ!!!」

・・・ゴメンなさい・・・。

 

でもなんとか麻酔が入り、足がぼうっと暖かくなってきます。

でも、なんだか変。

左の足が曲がったまんまのような気がします。

 

「先生、左の足をまっすぐにしてください・・・」というと、

「あのね、麻酔をした時に足を曲げた状態でして、そのまま麻酔がかかったから曲がったままのような感覚なんだけど、両足とももうまっすぐなのよ。」

 

そうなのか・・・でもやっぱりすごく気持ち悪い。

 

胸のあたりに冷たい、瓶か何かを当てて、冷たいです、というと今度は

胸より下、お腹あたりに当ててまだ冷たさを感じるかを聞かれました。

圧迫感はあるけど、冷たくはなかったのでそう答えると麻酔かかったねー。と。

 

生まれて初めての腰椎麻酔。

怖かったです。このまま歩けなくなったりしたらどうしよう。

本当にそう思っていました。

 

   

いざハラキリ!帝王切開、ちゃ、ちゃんと痛かった・・・。

「では始めますね〜。」

「なんとかかんとかなんとかかんとか、始めます。」

と、よくテレビで見るようなセリフとともに開始。

 

「じゃあ切ります〜すぐ生まれますよ!」

と言われて下腹部にすっとなぞられたような感覚がありました。

 

と思ったら

 

ぎゅうぎゅうぎゅうぎゅうとお腹を押しまくられる感覚。

気持ち悪い。痛い。

ものすごい勢いで内臓を掻き回されているような感じです。

 

「い いだい・・・」

「いだいでず ぜんぜい ・・・」

 

「痛いよね〜頑張って〜ちゃんと産む感じがするでしょ〜」

 

ぎゅうぎゅうと押されまくり、引っ張り出される感じの気持ち悪さに

胸の方まで吐き気がきて、もう無理・・・!!

と思った瞬間、赤ちゃんの泣き声が聞こえました。

 

「ハイ産まれました〜おめでとうございます〜」

 

f:id:mayukonokosodate:20161207052151j:plain

こんな感じ。

の、赤ん坊が顔のすぐそばに。

 

可愛い。

ぺたり、と赤ちゃんのほっぺたを私の頬につけてくれて一瞬痛みが和らぎました。

でもそのあと、またスゥッと血圧が下がるような、気持ち悪さがきて

「気持ち悪いです、痛いです。」

というと、先生が

 

「じゃあもう寝ちゃうかい・・・?」というので、一も二もなく頷くと

点滴の管から麻酔が入れられて、すっと寝てしまったのでした。

 

 

帝王切開術後…涙が止まらない

麻酔から目覚めると、夫と母がベッドの近くにいて、生まれたばかりの

長男を抱っこしていました。

「お疲れ〜」

「おめでとう〜」

「すごくかわいいよ〜〜」

とか口々に言って、私の横に長男を置いてくれました。

 

ふにゃふにゃの赤ん坊。

まだ下半身は麻酔でしびれていて、上半身をなんとかちょっとひねって

顔を撫でました。

 

やっと会えて嬉しかったけど、今の自分の状態が思っていたものと

ずいぶん違ってわけもなく悲しくて涙がボロボロでました。

(まあ今思えばホルモンの仕業ですけど)

 

あんなに頑張ってたのに、結局帝王切開だった。

生まれてすぐにカンガルーケアしたかった。

抱っこしたかった。おっぱいもすぐあげたかった。

 

理想とずいぶん違う出産と自由にならない体のもどかしさ。

嬉しいけど、悲しい。

ベッドの上で動けないまま涙をボロボロ流していました。

 

そんな出産1日目。

 

続く。