3人子育て母ちゃんの備忘録

長男6歳 娘3歳 次男1歳 毎日バタバタ キーキー イライラ だけど 時々幸せ  そんな母ちゃんの3人子育て備忘録(時々産後ダイエットと美容と…)

「ママ友」という革命について ①

f:id:mayukonokosodate:20161003121200j:plain

 

ママ友…それはお母さんになった時からの永遠の課題(大げさ 笑)

でも私は出産する前からママ友ってどうやって作ったらいいんだろうと本当に思ってたのです!!

 

そもそもママ友って必要?

ママ友って

「ママ」としての友達ってことですよね。

もうこの単語がすごい。

いつからあるんだろう、ママ友って言葉…。

 

もう「ママ友」っていう呼び方だけでちょっと敬遠しちゃってました、最初。

この単語って、「所詮は子供の友達のお母さんである」だけで、

「私の友達ではない」という感じで認識していました。結構ずっと。

 

これは超個人的な原因ですが、中学くらいの時にいじめにあっていた私。

よくある、集団女子によるやつです。

そんなこんなで未だに「女の集団」がちょっと怖いんですよね・・。

時々街で見かけるママ集団もああいうことがあるんじゃないかと及び腰でした。

 

私は長男を出産した時は働いていたし、産休を取って復帰する予定でした。

どうせ仕事始まったら平日は仕事だし、週末は夫がいる。

なのでそれほどママ友って必要ないんじゃない?と思っていたくらい!

 

ママ友のいない私!

 育休中は旭川をメインに、実家のある札幌にもちょこちょこ戻ってきていました。

ありがたいことに、札幌では長男を産んだ産院で1ヶ月に1度くらいの割合で

お母さんの会があったのでそれには参加していました。

 

長男は本当に本当に寝ない子で、しかも起きてるときはほぼ泣いていて。

平日の長男と二人きりの毎日は気が狂いそうでした。

 

そんな中のママの集まり、辛い気持ちを吐露したいのもあって参加はしていましたが、なかなか他のお母さんたちと仲良く話すっていうのができなくて。

人見知りというのもあるんですが、どうも気さくに話しかけるっていうのが下手で。

 

児童館っていうのも行ってみたりしましたが。

やっぱり話しかけるのができない。

子供を見つめて、あやして、ちょっと子供の話を隣にいるママさんと話すだけ。

 

そんな感じであちこちに何回か参加して、その度に

連絡先を交換してみたい…でも交換したところで

連絡するのか?いやしないか…そもそもこのママさんと気があうかしら…

とかモヤモヤしているうちに帰宅の時間、みたいな。

 

家に帰れば子供のことで相談できるのは夫と、時々親。

ああ、私って孤独だなあ、ママ友いないな〜友達いないな〜。

なんて思っていました。

だんだん児童館も足が遠のいていってましたね。

 

今考えるとバカみたいですね。

 

ママ友ができたきっかけ♡

 

そんな日々が打破できたのはいつだったんだろう?

はっきりと、このころ!というわけではないんだけれども

とても大きなきっかけは、同じ産院で産んだ一人のママさんから

ランチのお誘いを受けたことでした。

 

いつもだったら、話は弾まないと嫌だなあ…とかちょっと尻込みしちゃう感じだったのですが、その時は何故か参加することに。

ぎこちない感じだったことを今でも思い出します。笑

だいたい同じくらいの(2〜6か月くらいの幅があったかな)年齢の赤子を連れたママさんたち。

 

「最近◯◯するようになってさ〜。」

「えー!早い!」

 

「・・・・可愛いね〜」

「・・・可愛いよね〜」

 

「・・・(しーん…)」

 

みたいな。

とりあえず会話に詰まれば赤子を眺め微笑むとか。笑

 

そんな感じのぎこちなさでどっと疲れて帰宅して、これ、次もあんのかしら…。

とか思っていたのですが、あったんです!!

 

今考えたらめげずに企画してくれたママさん、グッジョブ!

本当に感謝です。

そこから、少しずつ私のママ友ライフが始まったのでした。

 

長くなりましたので、続く。

待て次号!!!