読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3人子育て母ちゃんの備忘録

長男6歳 娘3歳 次男1歳 毎日バタバタ キーキー イライラ だけど 時々幸せ  そんな母ちゃんの3人子育て備忘録(時々産後ダイエットと美容と…)

父と絶交中です

こんにちは

子育て母ちゃんです

 

昨日実父と絶交しまして

絶交というほど大げさではないのかもしれないですが

あまりにも腹がたつので

そしてFBでは書けないので(実父もFBにいるんで)

ここに備忘録として書いておこうと思います。

なるべく、事実のみを自分の記憶でねじ曲げないために。

 

 

   

父と絶交 その経過と理由

妹とその子供のこと

私には一人妹がいます。妹には子供が二人。

3歳の姪っ子と、うちの次男よりも2ヶ月小さい、

1歳6ヶ月の甥っ子です。普段は他の都道府県に住んでいてなかなか会えません。

 

うちの次男はもう落ちているものを何でも口に入れたりはしない月齢に入ったようですが、まだ甥っ子は何でも口に入れてしまうということでした。

でもそのことは私や私の子供達は知らなかったことです。

 

事の起こりはおもちゃを貸したことから

妹が里帰りで今回我が家からほど近い実家に帰省してきました。子連れです。

実家にはあまりおもちゃがないので、我が家に来て何か貸して欲しいと言われたので

快諾しました。

その時、私の父や母からも同じように(別のタイミングで)

「おもちゃや絵本を貸してやってくれ」と頼まれました。

 

姪っ子に選ばせたらいいよ、と我が家に連れてきて、姪っ子は

レジスターのおもちゃを選びました。

私の娘の3歳のお誕生日プレゼントです。

おもちゃのお札やコインが一緒にセットになっています。

 

このコインが絶交のきっかけでした。

 

   

夕飯に呼ばれた我が家

その騒動があった日、私は幼稚園の行事で朝から夕方まで幼稚園にいて

クタクタだったことと、夫が当直であったため夕飯は事前にお弁当を注文して

いました。

 

その後、実家から姪っ子が我が家の子供達と遊びに我が家へ来ました。

部屋はどんどんぐちゃぐちゃに。

ああ、これお弁当にしといてよかったな…。と思っていた矢先、

実家から餃子を作ったのでもしよければ分けるよ、と言われたのです。

 

「うちに来る?持って帰る?」

と母からLINEで聞かれたので、まあもうこの流れでみんなで食べるかと

お弁当を持参して実家に行きました。

 

お弁当のおかずも分けて、みんなで滞りなく夕飯は済みました。

ただ、この時父は食卓には出ておらず、奥の部屋で何かPC作業でも

していたのでしょうか、夕飯は後から食べることにしていたようです。

 

夕飯が終わり、はしゃぐ子供達

夕飯も終わり、また遊び出す子供達。

なんせ、6歳長男、4歳娘、3歳姪っ子。

キャーキャーワーワー確かにうるさい。

そしてその遊びの音頭をとるのはいつも長男。

 

でもこのくらいの年齢は上の子がやることは何でも真似しますよね。

実家はぐるぐる走り回れる構造になっているため、3人でぐるぐる走り回り、

その端っこで1歳の甥っ子と次男が遊んでいる、という感じでした。

 

長男は何度も私の母に

「ちょっと静かにして!」と言われていましたし、

私もあまりに走ると1歳児グループにぶつかるのではとそこだけは

注意していましたが、まあ子供のやることだしなと思っていたのも事実です。

 

件のコインが登場…喧嘩勃発!!

f:id:mayukonokosodate:20170310053404j:plain

どういう経過かはわかりませんが、

長男と娘、姪っ子の間でこのコインの取り合う遊び?が始まりました。

その遊びからちょっと転がり落ちたコインを甥っ子が口に入れたんです。

 

私の母が、

「あ、ちょっと、コイン、口に入れてるよ!」

と言って妹が慌てて口から出しました。

 

あらあら危ないねえ。

気をつけないとねえ。なんでも口にまだ入れちゃうんだねえ。

そんな話をしていたような気がします。

 

父がいつからそこにいたのかは記憶にありません。

 

ただ、父が急に

「なんだこんなコイン捨ててしまえばいい!」

と言って捨てようとしたのです。

 

私はびっくりして、

「いやいやそんなことされたら困るよ!やめて!」

と言ったんですね。

 

だってそのコイン、娘の誕生日プレゼントに入ってるものですよ。

なんで捨てるのかと。

 

そうしたら父が急に目の色を変えて、

「だったらお前が管理しろ!!!」

って怒鳴ったんです。

 

驚くと同時にムッとしましたが、努めて冷静に

「いやいや、ちょっと待ってよ。だってこれ、私が持ってきたわけじゃないんだよ。」

「姪っ子が遊ぶっていうから貸してるのに、そんな言い方はないんじゃない?」

と言ったらさらに父はヒートアップ。

 

私を人差し指で指差して、

「お前の家のものだろう?お前が管理しろ!」

と言い続けます。

 

「いや、だからそんな言い方はないでしょう?私が望んでこっちに持ってきたわけじゃないんだよ?」

と言ったら、今度は6歳の長男を指差して、

 

「こいつにちゃんと言っておけ!!」

 

って言ったんです。

(長男に向かってではなく、私に向かって)

 

私は必死でした。長男ははしゃいでいただけで、そりゃ多少うるさかったかもしれないけれど、コインの件では非はないと思ったからです。

 

「そんな長男の話になるなんてとばっちりだよ、長男が何したっていうの!」

と言っても

 

また「こいつに言っておけ!」です。

 

しかも、2回も。指差して。

 

私の中で何かがプチンと切れて、そのまま

「もうわかった。」

と言って子供達を連れて帰ることにしました。

 

悔しくて涙が玄関であふれました。

 

いちばん許せないこと…息子を指差して「コイツ」と言ったこと

ここまで書いてても、やはり私はなぜ父にそんな風に言われなくては

ならなかったのか、そして息子はなぜとばっちりを受けて「こいつ」呼ばわりされたのか。。

 

私も私の家族も、甥っ子がなんでも口に入れることなんて意識していなかった。

たとえきちんと知っていたとしても、普段の生活にいるわけでもない甥っ子について

そこまで意識を向けられたでしょうか。

 

そもそも、おもちゃを貸して欲しいと言ったのは妹と、両親なのに

なぜ私が管理しろ、ということになるのか。

 

そして何よりも、まだ6歳の長男を指差して「コイツ」と言ったこと。

どれほどのショックだったか。

本当に腹が立って、今これを書いている今も怒りが湧き上がってきます。

 

   

その後…父に会っても無視してしまった私

次の日、父に偶然会いました。

「よう。」

と声をかけられましたが、無視しました。

 

とても話せる気分ではなかったからです。

 

これからどうするべきなのかよくわからないです。

でも父にはきちんと、私だけでなく息子に謝って欲しい。

 

息子に次の日、

「じいじは少し機嫌が悪かったみたいだから、そういうこともあるよ」

「じいじのこと嫌いになったかな?」

と聞くと、

「うーん、微妙…」

という答えが。

 

小さい子供なりにやっぱりショックだったのではないかと思います。

 

私に何か落ち度があったんでしょうか。

腹が立ってたまらないのです。

 

ちなみに友達に言ったら、

「…そ、それは結構ショックだよね…自分の父親に子供をこいつ呼ばわりされたらねえ…。」

 

そうですよね?

 

どうしたらいいのでしょうね?

それではまた!シーユー!!!